とうびょうライトハウス

病気と向き合う方をサポートしたいブログです

闘病映画から得られるヒント ― 映画『死ぬまでにしたい10のこと』 援助を求める力の大切さ ―

こんにちは、ジョニージョニーです。今回の「闘病映画から得られるヒント」の対象作品は『死ぬまでにしたい10のこと』。主人公は23歳の女性、アンです。若くして妻であり、ふたりの女の子のお母さん。その彼女が医師から余命2か月と告げられます。

この映画は、アンの病気との闘いというより、残された時間を使って家族のため、自分のために、アンは何をやれたのかを描いています。

初めにアンは、死ぬまでにしておくことをリスト化します。そしてリストにあげられた10のことが、この物語をさまざまなエピソードで満たしていきます。

リストのひとつは「娘たちが18歳になるまで誕生日のメッセージを贈る」というもの。そのためにアンは、自分がいなくなった世界で成長する娘たちに向け、自分の想いや願いをテープレコーダーに吹き込みます。

この映画から闘病のヒントを探るために、あえて、アンを反面教師としてこの物語を振りかえりました。すると「援助を求める力の大切さ」や「自己決定すること」というキーワードが浮かび上がって来ました。

それでは、紹介しましょう!

  目次

 

f:id:dai7place:20211012160851j:plain

 

闘病映画『死ぬまでにしたい10のこと』 主な登場人物

主人公 アン・マトランド(サラ・ポーリー

17歳で子供を出産し、高校を中退して結婚。幸せな家庭を夫とともに築いてきたアン。しかし23歳のある日、医師からガンだと告げられます。しかも余命2か月と。それからは、アンの孤独なエピソードが、残された日々の中で積みあがっていきます。

 

ドン・マトランド(スコット・スピードマン)

アンの夫。コンサートで知り合ったアンとそのまま結婚へ。ドンの振る舞う姿から、アンにべた惚れなのがよく分かります。明るくて子どもたちに優しいドン。ただ、アンはそんなドンにちょっと物足りなさを感じているようにも。ドンは新しい仕事が見つかって、家族のために働こうと意気込みます。

 

ペニー・マトランド(ジェシカ・アムリー)

アンの長女。アンが17歳で産んだ娘。お転婆ざかり。

 

パッツィー・マトランド(ケンヤ・ジョー・ケネディ

アンの次女。アンが19歳で産んだ娘。赤ちゃんを卒業したばかり。

 

アンの母(デボラ・ハリー)

アンの隣に住む。母らしい思いやりもあるが、アンと口げんかになることも度々。

 

リー(マーク・ラファロ

アンの職場の同僚。ダイエットを頑張ろうとするが、なかなかうまくいかない。ちょっと変わっているけど、アンの大切な友人。

 

ローリー(アマンダ・プラマー

ローリーは優秀な測量士、そして彼女と別れたばかり。ローリーはコインランドリーで、アンと偶然に出会います。そしてアンに一目惚れ。アンは借りた本を返しにローリーの家へ行きますが、やがてふたりの距離は縮まっていき、ついに良い仲へ。

 

隣人のアン(レオノール・ワトリング

若い看護師。アンの隣に引っ越して来ます。いろいろあって一人暮らし。

 

トンプソン医師(ジュリアン・リッチングス)

アンに余命を告げる主治医。積極的な治療を拒むアンの意思を受け入れます。痛みを取るだけの治療を提案すると、アンも納得。アンからカセットテープを預かり、亡くなった後に家族へ渡すと約束します。

 

「引用元:amazonプライムビデオ

 

f:id:dai7place:20211002150056j:plain

 

闘病映画『死ぬまでにしたい10のこと』 あらすじ

カナダのバンクーバーが舞台。物語の時代設定は1980年頃

大学で教室を清掃するアン。同僚のリーと仲良くおしゃべりしながら。美味しい食べ物の話題に花が咲きます。

仕事帰り、母を車に乗せて家路につくアン。車中、仲のよい親子とは言えない雰囲気。母はアンの隣家にひとりで住んでいます。

アンの住まいは小さなトレーラーハウス。まさに、狭いながらも楽しい我が家を地でゆくアンの家族。笑顔がすてきな夫のドンと生意気盛りの子どもたち、そのやり取りから家庭の温もりが伝わってきます。

 

朝、ドンと子どもたちを送り出すと、アンは突然の激痛に見舞われます。運よく母が訪ねて来て、すぐさま病院へ。

検査待ちのアンですが、痛みが治まったせいもあってか子供たちのお迎えの心配ばかり。

検査後、医師がアンの元へ来て卵巣腫瘍と告げます。あと2,3か月の命だと。アンはショックを受けますが、医師から貰った飴をなめ、少し落ち着きます。医師は処方箋を出し、次週の受診を求めました。

アンは母に電話をし、ただの貧血だと嘘をつきます。心の内では「これまでの人生は夢で、今やっと覚めたこの感じは消えないだろう」と。

 

アンは家に戻ると、いつものように振る舞います。病気のことはまるでなかったかのよう。ダンの新しい仕事が決まったことを喜びます。

夜のレストラン。アンはここで、死ぬまでにしておくことをメモ書きします。

1.娘たちに毎日、愛していると言う

2.娘たちの気に入る新しいママを探す

3.娘たちが18歳になるまで、誕生日のメッセージを贈る

4.家族でビーチへ行く

5.好きなだけ、お酒とタバコを楽しむ

6.思っていることを話す

7.夫以外の人と付き合ってみる

8.男性を夢中にさせる

9.刑務所のパパに会う

10.爪とヘアスタイルを変える

 

夜、子どもを寝かせつけたアン。心の内で「孤独、ひとりぼっち、こんな寂しいのは初めて、嘘だけが友だち」と。

 

深夜のコインランドリーで、アンはリーと出会います。リーにコーヒーを頼んだアン。アンはそのままベンチで寝込んでしまうのですが、コーヒーを抱えたリーは朝まで見守り続けました。リーはアンのランドリーバッグに本をそっと忍ばせ、アンを見送ります。

 

アンは賑わう街中を歩きながら、心の内で呟きます。

今になってよく見える中身のないこの暮らし。中身のない声。………。どんなぜいたく品を見ても、もう欲しいとも思わない。あたしが消えてもなくならないものばかり。あたしが死んでも。……やがてふと気づく。ショーウインドウを飾る品々も、カタログに溢れる商品も、カラフルな色、特売品に、マーサスチュワートのレシピ、それに油たっぷりの食べ物も、どれも死を忘れさせるためにあるただの気休め

アンはリストの三番目に書いたとおり、ひとり車の中でペニーとパッツィーへのお誕生日メッセージをカセットレコーダーに吹き込みます。吹き込み終えると車の外で涙します。

 

アンは本を返しにリーの家へ。すると家の中はがらんどう、そこにリーがひとりきり。別れた彼女が家具類を持ち去ってしまったと。

その何もない部屋でリーは自分のことを話し始めます。測量士としてアラスカやチリで働いたことなど。アンが子どもの写真を見せると、リーは幸せそうだと。でも君はきれいだけど、幸せそうではないとも。

 

アンは病院へ。「死ぬまでにやることがあるの」とアンは検査を拒否します。「残った時間を自分の思うとおりに過ごしたい」と。

さらにアンは、医師にカセットテープを預かってほしいと頼みます。医師が「なぜご主人に頼まないのか?」と尋ねるとアンは「ドンじゃ忘れちゃう」と。医師は、痛み止めの薬を毎週取りに来ることを条件に、アンの頼みを引き受けました。

アンは帰りがけにスーパーへ寄ると、心の内で「ここじゃ誰も死について考えない。体に悪いものと知りつつ好きなものをカゴに放り込んでいく」と。

 

アンは、隣に越してきた女性に子どもたちを預かってもらいます。その女性の名もアン。その間、アンはリーとのしばしのデート。

家に戻ると隣のアンが子どもたちと楽しそう。アンがコーヒーに誘うと、隣のアンは看護師だと。そして普段は話さないようなエピソードをアンに語り出します。それは隣のアンがひとりでいる理由でもありました。

 

朝、アンはベッドから子どもたちを見送ります。ドンが他の医者に診てもらうよう言うのですが、アンは貧血だと断ります。みんなが出かけた後、アンはベッドで、今度はドンと母へのメッセージをテープに吹き込みます。人生を楽しんでと。

 

リーとの最後のデート。レストランでリーは「連れていきたいところがたくさんある。ずっと一緒にいたい」と。悲しげなアン、もう出たいと。ドンに迎えに来るように電話します。リーは陰からそっと、アンがドンの車に乗る様子を見守りました。

 

アンは、隣のアンを夕食に招きますが、状態があまり良くありません。ベッドから、隣のアンとドンがふたりして料理を作り、子どもたちがはしゃぐ姿を眺めています。

このままドンと隣のアンが仲良くなってほしいみんなが大きな幸せに包まれるように祈ると心で呟きます。

 

下の動画は『死ぬまでにしたい10のこと』の予告編です

www.youtube.com

 

映画『死ぬまでにしたい10のこと』から得られる闘病のヒント

■ 私の感想

まだ23歳のアン。そのアンが余命2、3か月と告げられます。かなりのショックを受けたはずです。しかも、トンプソン医師は重い病気を患者に告げるのを苦手としていました。

この映画の公開年は2003年ですが、物語の設定年はおそらく1980年頃。カナダとの違いはあると思いますが、1990年頃の日本では15%程度の告知率で、告知後のフォローも未開拓の時代でした。

一家を支える主婦、労働力として重責を担っているアン。結局誰にも、苦しい胸の内を聞いてもらうことができず、ひとりですべてを抱え込んでしまいました。そうした状況によく耐え、ベストではなかったけれど、彼女なりに精一杯のことをした彼女に「よく頑張ったね」と言ってやりたい気持ちです。

あらためてこの物語を振り返ると、アンのことは反面教師のように思えてしまうのです。その辺から、この映画から得られる闘病のヒントを探ります。

 

■ ヒント① 援助を求める力 身近な人に話を聴いてもらう

主人公のアンは、トンプソン医師の余命宣告を確定したものと受け止めました。彼女は、夫のドンにも、母にも病気の事実を伝えませんでした。結局、アンは誰にも辛い胸の内を話すことはなかったのです。よく言えばアンは、子ども思いで、とても我慢強い女性。ただ、ちょっと短絡的すぎ、思い込みが強いような……。

トンプソン医師の余命宣告により、アンはむしろ病気から目を背けてしまいます。残された2か月という限られた時間の中で「子どもに何がしてやれるか」「夫以上の男性と付き合ってみる」というふたつに力を注ぎました。

アンにしてほしかったことは、医師から告知があった日、ドンや母にすべてを話すことです。辛い気持ちをしっかり聞いてもらうことが、アンにとって一番大切でした。先ずは身近な人たちに何もかも話して、心を軽くする。それをやっていたら、アンはもっと良い方向にかじを取れたと思うのです。

 

■ ヒント② 援助を求める力 支援者を見つけて助けを求める

ドンや母に思いのたけを話せたならこれからのことも一緒に話し合えたはずです。ドンは「他の医師に診てもらったら」とアンに言っていました。きっとドンやアンの母は、別の医師を見つけるなど、他の道を一生懸命探してくれたでしょう。

そもそも、トンプソン医師も、他の医師を紹介しようか?と言っていました。また、1980年当時のカナダにも、何らかの患者支援団体公的な支援制度があったかも知れません。ドンと一緒にバンクーバー市役所に行き、健康福祉担当の課を訪ねてみることもできたでしょう。

隣に越してきたもう一人のアンは看護師です。一緒にコーヒーを飲んだ機会を使って、病気のことを率直に打ち明け、隣のアンに相談してみることもできたはず。

トンプソン医師、ドン、アンの母、隣のアン、これだけ身近に支援を求められる人たちがアンの周りにいました。闘病する人の援助を求める力の大きさは、その後の病気の行方を左右する大きな要因です

 

■ ヒント③ 自己決定すること

福祉援助の原則の一つに『自己決定』があります。患者や障害者、福祉の利用者が、自らの意思で自らの方向を選択することをいいます。この原則は、利用者自身の人格を尊重し、自らの問題は自らが判断して決定していく自由があるという理念に基づいています。

主人公のアンは、自分のことを自分の力で決めていきました。アンに後悔はなかったかも知れません。しかしそれは、福祉援助の原則『自己決定』に等しいものだったでしょうか?

自己決定の権利は無制限なものではありません。「自己決定能力の有無」、「公共の福祉に反しない」といった制約があります。

若いアンは辛い告知を一人で受けました。心が不安定なまま死ぬまでにしたい10のこと」を作り、誰かから助言を受けることなく、思うがままに決め、動きました。病気のことは封印、家族崩壊に繋がりかねないリーとの交際など、アンの見通しは甘く、自己決定能力は十分とは言えないものでした。

ドンに辛い胸の内を聞いてもらい、少し落ちついたところで、医師と病気について詳しく話し合うことができたはずです。看護師である隣のアンに、率直に尋ねてみることもできたでしょう。

公共の福祉という点から考えると、アンは自分の願いだけを追求しましたが、共に暮らす家族みんなのことも考えて欲しかったです。告知後できるだけ早く、病気のことを家族に伝えていたなら、アンの容体悪化で初めて病気を知った家族のショックも少なく済んだでしょう。何よりも、残り時間の中で家族と語らい、温かな思いを共有できたでしょう。

 

医師や隣のアンから病気について情報収集して、家族にもしっかり病気のことを伝え話をよく聞いてもらい、その上で、医師を含むみんなの助言を取り入れながら最終的にアンが自分自身で決める!というのが、本当の自己決定なのです。

 

f:id:dai7place:20211012160013j:plain

 

まとめ

いかがでしたでしょう。今回の闘病映画から得られるヒント。最初、この映画にしようかどうしようか、迷いました。どこをヒントにしようか迷ってしまったのです。

物語としては、心と体の痛みに耐えながら、精一杯生きるアンの姿にこころ動かされました。う~ん、どうしようかなと。その時、はっと思ったのです。アンを反面教師として見るなら、いくつかヒントが引き出せると。アンには申し訳ないけど、それで今回の記事を作りました。

アンの最後の数か月は、ベストではないけど、精一杯の彼女なりのチョイスであり、アクションでしたよくやったと思います!

それでは。

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

 

dai7place.com

dai7place.com

dai7place.com

dai7place.com